実家に帰る日は、妻の休養日? 信じていた妻の裏切り行為に気が付くまで 男と女のトラブル
  • facebook
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

こんにちは。らむねです。
以前から怪しいと思っていたパートナーの浮気、真実を知るのは怖いけれど、このままではいけない……。
もし、本当に浮気していたら……。
浮気は知らなければ良いと言う訳ではありません。それは子どもや家族も巻き込むことになるからです。
今回は、浮気を疑っていた夫が真実を知り決断するまでのお話です。

実家に帰る日は、妻の休養日? 信じていた妻の裏切り行為に気が付くまで

大和田律さん(45歳)と妻・すみれさん(41歳)は、4歳の子どもと3人家族。
律さんはエステサロンのオーナーで、すみれさんはそこで美容部員として働いていました。
1年の交際期間を経て、2人は結婚。それを機にすみれさんは、サロンを辞めて専業主婦になり、
妊活を始めました。

妊活を初めて7カ月目、すみれさんは妊娠をしました。
妊娠後はつわりがひどく、切迫流産の危険もあり、
すみれさんは家で安静にしていなければならない状態に。
律さんは、店をなるべく店長に任せる体制をつくって、すみれさんをサポートしてきました。

子どもが産まれてから、すみれさんは店の事務を手伝うようになりました。
そして、「もっと事業拡大をしたい」という夫婦の夢を叶えるために
子どもが3歳になったのを機にすみれさんは、1年制の学校へ通うことにしたのです。
仕事をしながら学校へ通うことは、律さんの目から見ても大変そうでしたが、
すみれさんは「楽しいから」と、学校を休むことなく通っていました。

子どもを実家に預けて楽をする妻?

学校へ通い始めて3か月が過ぎた頃から、すみれさんは学校に通う日は子どもを実家に預け、
自分も実家に帰ることが増え始めました。
律さんは「早く帰って来るから、実家に帰らなくてもいいよ」と何度か家に帰って来るようにと言いましたが、
すみれさんは「子どもを早く寝かせたいし、実家に預けたほうが楽だから」と、
その頻度を減らすどころか、増やすようになったのでした。
そして律さんはそんなすみれさんの行動を
最初は(実家でゆっくり休ませてもらっているのかな)程度に考えていました。

ある夜、事務の書類を急遽確認しなければならなくなり、その書類の場所を確認しようと
実家に帰っているすみれさんに電話をかけました。
しかし、何度電話をしても電話に出ないので、律さんはすみれさんの実家に
連絡を入れることに……。しかし、すみれさんは、実家には帰っていなかったのです。

お義母さんが、
「学校の日は、朝、子どもを迎えに来ることになっていますが、すみれは帰ってないんですか?」と
心配そうに律さんに聞いてきたので、
律さんは慌てて「今日、友だちと会うって言っていたこと、忘れていました」とごまかし、
すぐに電話を切りました。

そしてお義母さんの言ったことを思い出し、
学校がある日にすみれさんが浮気をしているのではないかと、律さんは疑い始めたのです。

すみれさんは、学校の後、いつもどこへ行っているの?

(2019.07.22)

  • facebook
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
人気記事ランキング
注目タグ
Twitter
Facebook