「娘が出来たみたいでうれしい」と言う姑は、本当にいい人なのか? その他のトラブル
  • facebook
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

こんにちは。らむねです。
地元から離れた土地へ嫁いだ場合、なかなか里帰りできなくなるのは仕方がない事。
しかし、いくら頻繁に里帰りできないと言っても、
全く帰ってこられなくなったり、連絡がこなくなったら明らかに違和感を感じますよね?
今回はそんな親子と、嫁ぎ先のお話です。

「娘が出来たみたいでうれしい」と言う姑は、本当にいい人なのか?

坂本公子さん(60歳)の娘・敦子さん(34歳)は、3年前に結婚相談所で出会った人と結婚。
群馬県から夫の実家がある東京に嫁ぎました。

敦子さんが嫁いだ先は、都内の住宅街に比較的大きな土地を持ち、
アパートを何軒か経営していました。
結婚後は1人っ子の長男の嫁として,そのアパートの管理のことや家事等を
同居するお義母さんから教わらなければいけないことが多く、
お盆や年末年始も実家に帰ることは出来ませんでした。
母・公子さんも、その家のしきたりやルールもあるだろうから、
はじめのうちは仕方がないと、敦子さんを励まし、頻繁にメールでやり取りをするようにしていました。

すべては順調。の裏に隠された真実

そして敦子さんも、母・公子さんに
「お義母さんは、娘が出来たみたいでうれしいと言ってくれるし、
東京には大学時代の友達も何人か住んでいて、時々話を聞いてもらっているから、大丈夫」。
とメールを送り、東京での生活が順調なことをアピールしていました。
しかし、実際の生活は違っていたのです。

お義母さんからは毎日なにかにつけて小言を言われ、
料理、掃除洗濯中はいつも後ろからのぞき込まれ、やり方を細かく指摘されていました。
家事が終わり自分の部屋に戻って休憩しようとすると、
すぐに「敦子さん、ちょっと」とお義母さんから呼び出され、
明らかに今でなくてもいいのでは?という「おつかい」や、
先日したばかりの「庭の草むしり」等の用事を申しつけられました。

夫・大成さん(41歳)に相談しても「敦子のことを自分の娘のように思ってくれているのに、
そんな言い方しないでくれよ」と、聞き流され、敦子さんの気持ちを分かってはくれませんでした。
夫は分かってくれない、敦子さんは気持ちの行き場がなく心がどんどん沈んでいきました。

お義母さんに監視し続けられる結婚生活には、さらなる地獄が……

(2018.09.04)

  • facebook
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
人気記事ランキング
注目タグ
Twitter
Facebook