音信不通になった息子の真意は? 生存が確認されてさえいれば放っておいてもOK? 家族のトラブル
  • facebook
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

こんにちは。らむねです。
決して不仲だったわけでもないのに突然、家族の誰かと連絡が取れなくなって、
関係を遮断されたとしたら、あなたならどうしますか?
とりあえずは居場所が分かればそれでいいと考える人、
連絡が取れなくなった理由を探る人、それぞれだと思います。
今回は、息子と連絡が取れなくなった家族のお話です。

音信不通になった息子の真意は? 生存が確認されてさえいれば放っておいてもOK?

木田和美さん(65歳)の息子・安彦さん(36歳)は、7年前に妻の浮気が原因で離婚。
現在は結婚した時に購入したマンションから妻が出て行き、安彦さんはそこで一人暮らしをしています。

現在安彦さんは、当時の妻の不倫による修羅場で精神的に大きなダメージを受けて情緒不安定な状態に。
それまでは家族や兄弟との交流も多かった安彦さんですが、
今では、ぱったりと連絡を取らなくなってしまいました。

和美さんはそんな安彦さんを気にかけて、
負担にならない程度に電話を掛けたりメールをしたりしていましたが、
安彦さんからの返信は徐々に減り、
1年後に控えていた弟の結婚式にも安彦さんは出席をしませんでした。
和美さんは、(しばらくそっとしておいたほうがいい)と思い、
安彦さんを家族の集まりに呼んだり、返信を強要することはしませんでした。

心に傷を負った息子をそっとしておくと決めた母

安彦さんの弟に子どもが産まれてからは、和美さんも孫の行事に忙しくなり、
全く音沙汰のない安彦さんを心配しつつも、
電話番号から安彦さんのラインアカウントを発見してラインを送り、
「既読になった」ことで生存確認が出来るので、それさえできていればいいという状況になっていました。

そんな状況のまま時は過ぎ、それが普通の日常と化して生活を送っていた時、
和美さんの夫に癌が見つかりました。

連絡が途絶えて早7年。音信不通の息子に父の事を知らせたい。その時母がとった行動とは?

(2018.10.23)

  • facebook
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
人気記事ランキング
注目タグ
Twitter
Facebook